<< 出会い系カフェ捜査開始 | main | 自己破産、本当は誰が悪い? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | カテゴリー:- |コメント l トラックバック l
出会い系カフェ延命作戦
「延命作戦」などと銘打っていますが、
別に児童買春推奨ブログではありません(笑)

僕のモットーのひとつに、

「風俗たる裏稼業、細く長く、地域密着で」

とゆうものがあります。


さて昨日に引き続き、
出会い系カフェに関してなんですが、
今回は僕なりの改正案のようなものを、
順を追って繰り広げたいと思います。

ではそのあたりを、
ざっと出会い系カフェの流れに沿って進めましょう。


初回は入会金として5000円を入口で支払います。
それでマジックミラールームの中にいる女の子を物色するのですが、



20080806181434.jpg

このように「18歳未満」「18歳以上」を区分けしています。
まぁ客にはわかりやすいでしょう。
僕も見学だけ行きましたが、
本当に制服のままの子とか平気でいます。
(詳しくは5月頃のブログのどこかにあります)

しかしここでひとつアマさが!
この区分け公開が、
警察のツケいるスキを与えています。

これは18歳以上と混ぜてボヤけさせるか、
18歳以下だけを隠すかにした方がいいです。
(18歳以下は会員だけに公開するとか)

もちろん見せてた方が集客はのぞめるのですが、
それではあからさまに児童買春のニオイがしてしまいます。
18歳以下の子も置くとゆう、
リスキーな商売をするんであれば、
そこはもう少し詰めて考えなければなりません。


そして客が女の子を選んだら近くの店員にその意を伝えます。



20080806181446.jpg

さてその後なんですが、
いきなりホテルとゆうのはほぼありません。
まずはお話(商談?)です。





20080806181458.jpg

別室で女の子と二人きりでお話をしますが、
ここでもアマさが感じられます。

ホテルヘルスなんかですと、
受付をする場所と、
女の子と待ち合わせをする場所(路上)と、
実際に行くホテルやレンタルルームなんかは、
すべて場所がバラバラなんですね。

これは受付とホテル等の場所が、
例えば同じビル内であれば、
風俗の店舗同様と見なされ、
違法となってしまうからです。

そこでこの出会い系カフェ。
やはりそのトークスペースは別の場所にすべきでしたね。
しかしそれではそこでもう外出となってしまうので、
店としては1000円では割に合いませんが。

なので出来る事なら、
受付と見学スペースはテナントの2Fか3Fあたりにして、
その隣のビルの1Fか2Fで、
チェーン店とは公表出来ませんが、
純粋な喫茶店を経営していればなお良いです。
(一般客も入れる感じの)

これで若干ではありますが、
ほう助の要素を分散させるのです。

さて出会い系カフェが、

「買春の温床」

とはいわれるものの、

「買春を斡旋」

とはいわれないのは、
店としてやることはここまでだからです。
女の子もタダで勝手に出入りしている客にすぎません。
店の女の子(従業員)ではないからです。


その後は女の子次第なんです。


20080806181523.jpg



本当に買春の宝庫なのか?






20080806181610.jpg

この発言から察するに、
実際にそうゆうことはまかり通ってはいるものの、
全員がそうではないともいえます。

つまり出会い系カフェに出入りしている女の子らの、
そこにいる動機などとゆうものは、
非常に曖昧で軽いものだとゆうことです。
(カラダで稼ぐ集まり・・・とゆう程生々しくもないとゆうこと)


この手の正規ではない風俗とゆうものは、
手を変え品を変え展開していくのですが、
なまじやれてきて、
儲け出したりなんかしますと、
ついついおおっぴらに、
イケイケでやってしまうところがあります。
(そこが裏風俗がツケ入れられる最大の弱点でもある)



風俗とはアタマの良さが生み出した産業ではありますが、
アタマの悪さが衰退させるものでもあります。

| 出会い系カフェ延命作戦 | カテゴリー:コラム |コメント l トラックバック l
スポンサーサイト
| スポンサーサイト | カテゴリー:- |コメント l トラックバック l
コメント
コメントする